税理士の変更をお考えの方へ

こんなお悩みをお持ちではないですか?

  • 2,3ヶ月に一度訪問してきて、試算表を置いて帰っていくが、実のところ何をやってくれているのかよくわからない
  • 経営や税金のことを相談したいがそんなことを聞ける雰囲気ではない
  • 先代以前からのお付き合いのある税理士だが、報酬が見合っているのかわからない
  • 相続や事業承継のことを相談しようとしたら、「うちはそのへんのことはよくわからないんで」とむげにされた
  • まずもって税理士とウマが合わない
  • 何をするにも対応が遅い

税理士とクライアントの関係が常にベストマッチな状態であるとは限りません。不幸にも上記のような悩みを抱えていらっしゃる経営者さんが多くいらっしゃいます。

今の税理士が必ずしも悪いわけではないんです。クライアントから文句を言われないから、それでいいのだ、という認識のもと、従来から同じ事を同じようにやっているだけで悪気があることなどほとんどないと思います。

しかし、税理士もサービス業です。クライアントが欲している業務を提供し、それに見合った報酬を頂戴する。これがあるべき姿であって上記のような不満があるということは、提供しているサービスと報酬にミスマッチが生じているということに他なりません。

本来であれば、クライアントが必要としている業務を提供できているかどうかということを税理士側も常に自問自答しているべきですが、それが期待できそうにない時にはクライアント側から声を上げるべきです。

そして、声を上げてなおそれらミスマッチの解決のしようがない時、もしくは声を上げることが難しい時には、税理士の交代を視野に入れざるを得ません。それは「サービスを買う側」の正当な手段なのです。

税理士は、経営にしろ税務にしろ、何かしらのクライアントの悩みを解決するために存在するのであって、ミスマッチを解消できない時には、むしろいつまでも関係を続けるべきではないのです。また、根本的にウマが合わないような関係であるならば無理してストレスを抱えて関係を継続する必要はないのです。

原田会計ではこの「ミスマッチ」を作らないことをお約束します。

  • クライアントが必要とする業務を提供できているか常に耳を傾けます。
  • クライアントからのあらゆる相談はウェルカムです。
  • もし原田の手に余る相談であるならば、信頼できる同業者をご紹介致します。
  • そして過不足の無い業務を提供し、それに見合った正当な対価を頂戴致します。

原田はそんな関係性をクライアントと築けたらと考えています。

もし、冒頭にあげたような悩みをお持ちの方がこのページをご覧になっているのであれば、良き縁が巡ってきたと思って、是非一度原田に愚痴ってみてください

そしてウマが合うかどうか、望んでいる業務を提供してくれそうかどうか確かめてみてください。原田で駄目そうだったら他の税理士に声をかければいいだけの話です。

思い立った時が最善の好機です。愚痴るのはタダです!是非ご一報をお待ちしております!

お問合せ・ご予約

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

075-600-2791
営業時間
9:30~17:30
定休日
土・日・祝日(予約時は対応可)